So-net無料ブログ作成
検索選択
公営競技 ブログトップ

大井競馬場 [公営競技]

名称:大井競馬場
種類:競馬場
収容:62,000人

東京にある地方競馬場で、東京シティ競馬(TCK)とも呼ばれます。さすがに東京ということだけあって、地方競馬場とはとても思えないほどの充実ぶり。自由席ですらドリンクホルダー付の個別シートで、館内もおしゃれなレストランからB級グルメまでズラリと並びます。トイレはもちろん清潔。洗面所からは温水が出るなど、まさに至れり尽くせりの施設となっています。トゥインクルレースと呼ばれるナイター競馬も人気。大井競馬場前駅から徒歩2分。

IMG_2780.jpg

IMG_2728.jpg

会場採点
見やすさ度 7
臨場感度 7
快適度 10
アクセス度 8
至れり尽くせり度 8


共通テーマ:スポーツ

西武園競輪場 [公営競技]

名称:西武園競輪場
種類:競輪場
収容:未公表

1周400mの競輪場。客席は全て屋根に覆われて、こまめな清掃もされています。すり鉢状の客席から迫力のレースを楽しめますが、見切れてしまう箇所もあります。バンクより目に付くのが中央の芝生スペース。ここをもう少し整備すれば、見た目の印象はグッと良くなると思うのですが。日本生まれの競輪、ヨーロッパでは人気スポーツとして地位を確立していますが、日本ではギャンブルの域を出ないのは何故なのでしょうか。西武園駅から徒歩1分。

IMG_8872.jpg

IMG_8880_2.jpg

会場採点
見やすさ度 5.5
臨場感度 6
快適度 5.5
アクセス度 4.5
ギャンブル場度 6.5


共通テーマ:スポーツ

船橋競馬場 [公営競技]

名称:船橋競馬場
種類:競馬場
収容:30,000人

千葉県船橋市にある地方競馬場。1400mのダートレース場で入場料は100円。それほどの混雑もなく、間近で観戦できるのも地方競馬場ならでは。中央競馬場のような、おしゃれなカフェやレストランとは無縁ですが、競馬好きの人達にとっては、こちらの雰囲気の方が合うのかもしれません。ナイター開催もしており、すぐ隣にある「ららぽーと」で買物帰りに寄ってみるのも良いかも。南船橋駅から徒歩10分。

IMG_1684.jpg

IMG_1728-2.jpg

会場採点
見やすさ度 6
臨場感度 6
快適度 4
アクセス度 6
大衆度 6.5


共通テーマ:スポーツ

東京競馬場 [公営競技]

名称:東京競馬場
種類:競馬場
収容:196,517人

収容人数19万人以上を誇る中央競馬場は、スポーツ施設としても日本最大。豪華なメインスタンドの他に、馬場内にまで観戦スペースがあり、広大な敷地に圧倒されます。子供が遊べる広場もあり、家族連れにも安心。館内はおしゃれなカフェやレストランが並び、貴族のスポーツらしく気品のある施設になっています。競馬開催日以外の日でも、十分楽しめるアミューズメントスポットです。府中競馬正門前駅から徒歩2分。

IMG_4485.jpg

IMG_4590.jpg

会場採点
見やすさ度 7
臨場感度 8
快適度 8
アクセス度 6.5
広大度 10


共通テーマ:スポーツ

船橋オートレース場 [公営競技]

名称:船橋オートレース場
種類:オートレース場
収容:21,714人

60年以上の歴史がある日本初のオートレース場。さすがに老朽化は隠せず、金網や剥き出しの鉄パイプの柵で囲われるなど、お世辞にも良い環境とは言えません。しかし間近で観戦するオートレースは爆音轟き迫力満点。スタンドとレース場の距離は近く臨場感もありますが、どうしても鉄柵が視界を遮ります。イベントやゆるキャラショーが開催されるなど、イメージアップも図って来ましたが、厳しい経営状況などの理由により、2016年の廃止が報道されています。南船橋駅から徒歩10分。

IMG_8040.jpg

IMG_8088.jpg

会場採点
見やすさ度 4.5
臨場感度 6
快適度 4
アクセス度 6
哀愁度 7


共通テーマ:スポーツ

中山競馬場 [公営競技]

名称:中山競馬場
種類:競馬場
収容:177,779人

千葉県の船橋にある中央競馬場で、船橋競馬場とは別。指定席の他にも芝生席があり、ピクニック感覚でのんびり競馬観戦することもできます。スタンド席は傾斜が緩く、ゴール前以外はビジョン観戦がメイン。清潔な館内は、いわゆるギャンブル場のイメージはありません。ショッピングモールのように飲食店が並び、入場料200円でアミューズメント施設としても一日楽しむことが出来ます。船橋法典駅から徒歩15分。

IMG_2933.jpg

IMG_3229.jpg

会場採点
見やすさ度 6.5
臨場感度 6.5
快適度 7
アクセス度 6.5
フードコート度 7


共通テーマ:スポーツ
公営競技 ブログトップ